2019年スーパームーンを見る!2月20日は今年最大級!観察するポイントは?

手軽に観察できる天体ショーとして、夜空に輝く月を眺めることは、どんな人も一度はあるんじゃないでしょうか?

日本には「月を愛でる」風習もありますし、満ち欠けを利用して暦を作ったりと、

人と月には深いつながりが昔から存在します。

今回は、そんな月の天体ショーのひとつ、スーパームーンについて初心者にもわかりやすく解説します。

そもそも、スーパームーンってなに??
2019年はいつ見ることができるの?

スーパームーンってなに?

スーパームーン ⇒ 直訳すると「極上の月」とか「特大の月」とかなりますが、

要は「すげぇ月」ということ。

いつも何気なく視界に入ってくる月ですが、「すげぇ月」と言われると、なんだか気になってきちゃいませんか?

スーパームーンとは、月と地球が最接近し、かつ満月であることから、「いつも見ている月より大きく見える」状態のことを指します。

このイラストだったりアニメにあるような、それこそ

「これやばくね?」

ってレベルに近づいているようなものではありませんが、最大で14%増量明るさも30%増しなんだとか。

特売日のお惣菜のようなお得感たっぷりですが、

このスーパームーンが見られるのは、月の周期の関係から年に1回程度なんです。

では、今年2019年はいつスーパームーンを見ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

2019年のスーパームーンはいつ見られるの?

ずばり、2019年のスーパームーンは2月20日(火)です。

一番大きく見ることのできる時間帯は、00:54頃。
天候にさえ恵まれていれば、どこにいても見ることはできるでしょう。

また、1月21日(月)も満月なのですが、この時も月と地球の距離がだいぶ近くなっており、NASAのサイトではスーパームーンとして扱っています。
しかし、満月になる時間は日本時間で1月21日(月)14:16
夕方以降に昇ってくる月に注目です!

では、このタイミングを見逃すと次スーパームーンを見ることができるのはいつでしょうか?

答えは、2020年11月14日になります

1年以上開いてしまいますので、カレンダーやスケジュール帳にメモをしておくといいですね。

2019年のスーパームーンは日本のどこで見られるの?

こちらもずばり、
日本中のどこでも見ることができるでしょう!!

ただし、月が昇る時間は住む場所によって異なりますので、チェックが必要です

横浜の場合、2019年2月20日の「月の出」は18:11でした。

国立天文台のサイト「各地のこよみ」を見ると、全国たくさんの場所の日の出・日の入りから月の出・月の入りまで調べることができますよ。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/

スポンサーリンク

2019年のスーパームーンはどの方角に見えるの?

方角についても「各地のこよみ」で調べることができます。

2019年2月20日の月の出は、横浜の場合「東北東」の方角です。

各地のこよみでは、方角は数値で表されています。
この数値を方角であてはめると下の図のようになりますので参考にしてください。

スーパームーンの観察に適した場所とは?

月は、薄く雲がかかっていたとしてもその存在がわかるほど、非常に明るく輝いている天体ですので、観測に適した場所というのは特段考えてる必要はないかもしれません。

明るくギラギラしているような街中でも、星空を見上げるとちゃんと見えるのが月なんです。

スポンサーリンク

スーパームーンを満喫!3つのポイント

スーパームーンは、月が見えさえすればどこからでも見ることができますが、その魅力を最大限にするためには次の3つのポイントをおさえるのがおすすめです!!

1.写真に撮るなら、日没直後。月の出を狙うべし!!

月の大きさって、日々変わっているのですが気付いていますか?

単体の月を見てもたいして大きさの変化に気が付かないものです。

そこで、日没直後で月が昇ってきたところを写真に収めると、地上にあるものとの対比がしやすいため、より大きさに感動すること間違いなしです!!

また、地平線近くの場合は、月の光が地球に届くまでに通過する空気の層が厚くなるため、月明りもまばゆい白ではなく優しく穏やかな黄色になります。

2.新月のスーパームーンは「スーパーブラッドムーン」

なんだか、中二病を発症しちゃったような名前ですが、正式な名称です。

どういったものかというと、満月のスーパームーンが地球の影に入って皆既月食になる現象です。

2019年はスーパーブラッドムーンも発生します。

その日は、1月21日(月)です。

先ほどもお伝えしましたが、1月21日に満月になる時間は日本時間で14:16。
今回は見ることは適わなそうですが、海外の天文ファンによるリアルタイム撮影が期待できますね。

ちなみに、日本で観測できた前回の皆既月食は2018年1月31日に起こりました。

次回、日本で観測できる皆既月食は2021年5月26日。月食が始まってから月が昇り始めるそうなので、高いビルに囲まれていると見えにくいかもしれません。

部分食の最初から最後まで全部を観測できる皆既月食が起きるのは2022年11月8日。

そう考えると、めったに観測できない珍しい現象なんだって思いますよね。

3.月に願い事をするといいらしい!!

月には不思議な力があると言われています

心を落ち着かせてくれたり、力を与えてくれたり・・・

願い事が叶う!なんて言い伝えもあったります。

スーパームーンは、めったに見れない現象ですので、「なにかあるかも!!」なんて気にさせてくれるっていうのもあながち間違いではないかもしれません。

まとめ

1年に1回程度の周期でやってくるスーパームーン。

2019年のスーパームーンは2月20日(火)00:54に起こります

「月曜日から夜更かし」して夜空を見上げてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ