キャンプで食べる簡単朝ごはん!アウトドアでの押さえるべきポイントとは?

スポンサーリンク

こんにちは、そらです。

キャンプ場で迎える朝ってどうしてあんなにも気持ちがいいんですかね?
(二日酔い時を除く)

気持ちがいいからこそ、なんだか早く起きちゃうんですよね。
(二日酔い時を除く)

よぉし、パパは朝からすごい料理作っちゃうぞぉ!

なんて人はあまりいないかもしれませんが、やっぱりそこはアウトドア。
家と同じような「パン」と「牛乳」じゃぁつまらない。

今回は、キャンプで作る朝ごはんとメニューを考えるときのポイント、そして気を付けたいポイントを紹介します!!

スポンサーリンク

キャンプ場での朝ごはん、押さえるべきポイントとは?

炭火を使うのはやめておきましょう

これは絶対守ったほうがいいです。

キャンプ場での朝は、とにかく忙しいんです。
特に撤収する日は、時間との勝負です

炭火は、いったん火が付くと、消えるまでに時間があっというまに過ぎてしまいますので、片付けができなくなってしまします。

火を使った調理をするならば、バーナーやカセットコンロを使うようにしましょう!

片付けが少なくて済むメニューにしよう

理由は、炭火とおんなじ。

時間との勝負なので、作る時間・片付ける時間はなるべく少なく、食べる時間はゆっくりとしていたいものです。

簡単に作れる、調理器具も少なくて済む、洗い物が少ない・・・

このあたりをおさえてメニューを考えるといいですね。

暖かいものを取り入れよう

キャンプ場の朝って、結構冷え込むことが多いんです。
夏でも標高が高いキャンプ場では、半袖だと寒くていれないことも。

そんなとき、簡単に済ませたいからってパンにバナナにヨーグルトみたいなメニューだと余計に身体が冷えちゃいますよねw

インスタントでもいいので、コーヒーやスープ、みそ汁などの暖かいものを用意するだけでほっこりとした気持ちになれますよ。

おすすめのキャンプ朝ごはんメニューを紹介!

では、実際にどういった感じになるのか、単品の紹介ではなくメニューを全部で4つご紹介します。

スポンサーリンク

1.ホットドッグ+ホットレモンorコーヒー

ホットドッグ用のパンを用意して、ソーセージを焼きます。
並行して、お湯を沸かしてホットレモンやコーヒーを入れれば出来上がり!

具材でアボカドやピクルス、卵やチーズなどがあるともっといいかも。

使う道具も、フライパンと湯沸かし用の鍋だけなので、洗い物も簡単です!

ホットサンド+ホットレモンorコーヒー

これも朝ごはんの定番です!

そら一家の朝ごはんの半数はホットサンドという実績付きw
パンと具材さえあればできちゃう簡単料理!!
卵を使いたいときは、前日の夕ごはんの時に茹で卵を作っておけば、朝作らなくて済みますよ。

なくても作ることはできますが、ホットサンドメーカーがあれば簡単に作ることができます。

できれば四角いまま焼けるホットサンドメーカーがよかったのですが、これは焼き上がりは三角に切れます。

そして、購入に至った最大のポイントは「コールマンマークの焼き印」がパンに入ること

すっごくかわいいので、ぜひ使ってもらいたい!!

リゾット

前日の夕ごはんでごはんを多めに炊いておきましょう。

朝、鍋にトマト缶とお豆の缶詰、チーズや野菜を入れてコトコト煮るだけ。

チーズを入れると、すごく味がマイルドになっておいしいですよ。

缶詰は開けるだけなので、使うのは鍋と食器だけ。
洗い物も簡単にできるし、具材もたくさん採れるのでおすすめです!

スポンサーリンク

焼きおにぎりとお味噌汁

これもリゾットと一緒。

前日にごはんを多めに炊いておき、おにぎり握ってラップで保管。
翌朝は、フライパンで焼くだけです

できることならば網で焼きたいところだけど、時短ですw

お味噌汁をインスタントで作れば、洗い物はフライパンと鍋だけですね。

まとめ

キャンプの朝、特に最終日の朝は撤収作業がありますので、朝ごはんはとにかく簡単に済ませたいものです。

かといって、せっかくのアウトドアですから、温かいものを一品でいいので作って、朝ごはんのときだけでもほっこりと。

ちょっとした工夫で、その朝ごはんもグレードアップします。

ぜひ、今度のキャンプで試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ