番組やWEB・雑誌などのアウトドアメディア 初心者に触れてほしいポイントは?

こんにちは、そらっぴです。

先日、東海地区で始まったアウトドア番組「おぎやはぎのハピキャン」。

深夜番組にも関わらず、多くのツイートが流れていたことから、たくさんの人が期待していた番組だったようです。

見逃した!どんな番組だったの?「おぎやはぎのハピキャン」

今回の新番組は東海地方でのみ放送だったため今後の全国展開に期待をしているのですが、ところで、アウトドア番組って知られていないようでたくさんあるって知っていましたか?

それだけアウトドアがブームになっている、つまりトレンドのひとつになっているということです。

「よし、それじゃぁアウトドアの番組を見て、うちもアウトドアデビューしちゃうぞ!」

なぁんて考えちゃったあなた!!

ちょっとまって!

番組だけでなく雑誌やWEBなどからの情報の取り方ひとつで、これからのアウトドアライフを楽しくすることも期待はずれと感じさせちゃうこともありえちゃうんです!

スポンサーリンク
レスポンシブ

アウトドアはいろいろあってみんないい!

アウトドアをこれから始めようと考えている人。

アウトドアってどういうことするの?ってところから始める人。

いろいろな人がいるので、見え方や感じ方も人それぞれです。

グランピングって聞いたことありませんか?

快適さを兼ね備えた体験型旅行として注目されているアウトドア

glamourous(グラマラス:魅惑的な) + Camping(キャンピング)

を掛け合わせた造語です。

いいとこどりの自然体験、気軽にできちゃうアウトドア!

そんなイメージで紹介されているところがほとんどですが、

「テントの設営や食事の準備などのわずらわしさ」から旅行者を開放したアウトドアのジャンルとでも言いましょうか、

要は、

めんどくさーをお金で解決しまっせ!!

なアウトドアスタイルで、今すごい勢いでブームが加速しているんです。

かと言えば、

イオンやIKEAで売っているようなポップアップ式テントをもって河原や砂浜に遊びに行く。

これもれっきとしたアウトドア。

それこそ、登山ひとつとってもアウトドアと言っておかしくないんです。

だって、外遊びじゃん!!

アウトドアってひとつじゃない。

人それぞれの考え・好みで楽しめる、個を表現するのがアウトドアなんです。

メディアの情報通りにやっても面白くない

そんなアウトドア。

このところのブームにけん引されて、いろいろなメディアに露出しています。

ところで、こういったメディアってどうやって運営されているんでしょうか?

答えは、広告です。

そのメディアを見てくれている人に有効な広告を載せることでメディアは運営されているんです。

だからこそ、いいところをもっとよく見せようって力が働くのもうなずけますよね。

あれもいいよ!これもいいよ!

あれを買ったなら、これを合わせると完璧!!

そんなステマちっくな情報に踊らされて「量産型ロボット」みたいになってしまうと、個を出すことなんてできなくなっちゃいます。

じゃあ、メディアはどう活用するの?

そらっぴ的には、答えは二つあります。

ひとつ先に言ってしまえば、

「これはいいな!と思ったものだけつまみ食い」

です。

雑誌も番組も、「これはいいですよ」っていうものを紹介しているわけです。

その中で自分の気に入った、取り入れたいものを取り入れればいい。

そらっぴもキャンプを始めたころは、あれもこれもと「典型的なキャンプスタイル」の型にはまったようなギアの揃え方をしていました。

でもね、使っていくうちにわかるんです。

「あれはいらなかったな」

とか

「こっちのほうがよかったな」

とかとか。

この記事を読んでくれているあなたは、様々なアウトドアのメディアに触れる機会に恵まれているからこそ、「好きなものをチョイス」してほしいですね。

そして、もうひとつの答えは、

「『とりあえずやってみようか』ってきっかけ探し」

楽しい・ワクワクする・ドキドキする

そんないいシーンばかりがメディアでは目立ちますが、実際には苦労をすることもありますし、がっかりすることもあります。

それでも、いいシーンが0ってわけじゃない。

経験しなければ0ですけどね。

ことわざにもある「習うより慣れろ」です。

おもしろそうだなぁ

って感じたらそれはメディアのチカラ。

あとは一歩踏み出して実際に自分スタイルでやってみましょう!

まとめ

情報にあふれかえっている現代。

ブームに乗ることもいいですが、その中での「個」を表現することが非常に大切だということがわかりました。

せっかり興味をもったアウトドアです。

自分スタイルで楽しむためにも、まずはきっかけ作りからしてみるのはいかがですか?

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ