東北方面に最適!旅籠屋 佐野SA店で「旅行の前泊」をしてみた

行ったことがない場所に行ってみたい!

そんな時、問題になるのが「距離」と「時間」です。

あまりに遠いからってなかなか行けない、行くこと自体を諦めてしまうってことありませんか?

だったら目的地までの「前泊」って考え方はどうでしょうか?

今回は、東北方面の長距離旅行に最適な前泊地を見つけたので紹介します!

スポンサーリンク

旅行の前泊ってどういうこと?

え?旅行って家を出て目的地で楽しんで帰ってくるまでが旅行じゃないの?

たしかにその通りなんですが、これまでの旅行でこんなことありませんでしたか?

「◯◯に行ってみたいけど、遠いからなぁ」

「遠いから新幹線か飛行機なんだけど旅費がかさむなぁ」

そんな考えから、行きたいところを我慢したり、別の場所をもう一度探してみたり・・・

でも、考え方ひとつでその目的地に行けるかもしれないんです!

 時間的余裕を持つ

車で向かうだけで数時間かかってしまうようなところに休みの日に行くとなると、どうしても「朝早く出る」だとか考えなくちゃいけません。

というのも、同じ出発時間では遠くなればなるほど目的地での滞在時間が必然的に短くなってしまうから。「着いたらすぐにごはん食べて帰らなくちゃね」なんて、弾丸旅行でならよくやるけれど、せっかくの旅行なのだからゆっくりと過ごしたいですよね。

 距離をかせぐ!

車で向かうにせよ電車にせよ、遠くになればなるほど時間がかかってしまうのは致し方ないもの。


そらっぴが住んでいる湘南から考えると、車で日帰りできる限界点は北は栃木県、西は愛知県ぐらいになるかな。連続した運転時間を考えると片道4時間が限度です。

そうすると、「時間的余裕」を考えると、朝8時に出発しても昼に到着。3時間過ごして帰路について夕方以降に帰宅。

もっと遠い場所に行くためには、ちがうアプローチでの考え方が必要になってきます。

旅籠屋って?

出典:旅籠屋公式HP

アメリカの「MOTEL」からヒントを得て誕生した、日本初のロードサイドホテルチェーンです。

MOTELって田舎にあるラブホテルってイメージが強いですが、本来は車で旅行する人が誰でも気軽に利用できる、素泊まりのロードサイドホテルのことなんです。

そんな旅籠屋、全国に72店舗も展開しており、宿泊客もファミリーだけでなく個人やビジネスユースにも利用されています。

気軽に泊まれてしかも安い!そらっぴ一家も、弾丸旅行に行く際にはちょいちょい空室情報をチェックしています。

旅籠屋 佐野SA店ってどこにあるの?

名前の通り、東北道 佐野サービスエリアにある「旅籠屋」です。

しかも「隣接」ではなく「サービスエリア内」にあるので、旅行途中で高速道路を降りることなく利用することができる数少ない旅籠屋なんです。

旅籠屋 佐野SA店

住所:栃木県佐野市黒袴町東山1022 (佐野サービスエリア内)
チェックイン  15:00~23:00
チェックアウト 11:00まで
WEB:http://www.hatagoya.co.jp/025_SanoSA/index.shtml

この店舗、立地としては上り線側の敷地にあるため、下り線側からホテルに向かう場合は、下り線駐車場に車両を駐車。階段で登って行かなければなりません。

旅籠屋の駐車場って、普通のロードサイド店の場合は部屋の真ん前に駐車場があるのがほとんど。この佐野SA店の場合、下り線を利用して来た場合は車を下り線駐車場に停め置いてこなければならないデメリットがあります。

「あれ?ドアのカギ閉めたっけ?」なんて強迫観念にさいなまされてしまう日々を過ごしている人には苦痛でしかないかもしれませんが、24時間やっているサービスエリアですので車の往来もたくさん。空き巣(?)に入られてしまうリスクは少ないんじゃないかな。

とは言え、貴重品はちゃんとホテルに持っていくようにしましょうね。
(特にETCさしっぱなしな人は要注意。)

ちなみにこれ、スマホの充電ケーブルを車内に忘れて、22時過ぎに愛車に戻った時の下り線駐車場状況。さすがに「大賑わい!!」といった感じではないですが、休憩で訪れる人や車中泊の準備をしている人などがそこそこいるので、防犯上安心かもしれませんね。

写真を撮る前にこどもたちがダイブしてしまってぐちゃぐちゃですが、部屋の中はどこの店舗に行っても変わりはありません。
逆に言えば、使い勝手がいい!!幅154cmのクイーンサイズベッドが2台あるので、それぞれに2人ずつ寝ることができ、4人家族にはピッタリです。

周辺施設情報

と言っても、「旅籠屋 佐野SA店」はサービスエリア内にあるので、周辺も何も・・・

佐野サービスエリアの情報と、ここを拠点にする理由についてです!!

佐野サービスエリア(上り・下り)の情報

神奈川県に住んでいる人は同感してくれるかと思いますが、「サービスエリア=海老名(東名高速)」というイメージをしている人が多いかと。

でも、ここ佐野サービスエリアはとてもこじんまりとしたサービスエリアです。

24時間営業のフードコートとガソリンスタンド、申し分程度の売店とレストランがあるだけなのですが、どちらも「旅籠屋 佐野SA店」からは徒歩圏。旅籠屋は素泊まりなので、このちょっとした食事処だけでも非常に助かるんです。

下り線なら手前にある「羽生PA」のほうが人気あるので繁忙期でもない限り満車にあることはなさそうです。

上り下りともに「スマートIC」が設置されており、急な「佐野ラーメン食べたい病」が発症しても、高速降りて15分ぐらいで食べに行くことができます。

そらっぴ一家は、昨年末に発症してしまったため、弾丸ラーメン旅を敢行しましたw

佐野SAを中心に観光地を考えてみる

佐野SAは、栃木県佐野市にある、東北道のサービスエリアです。

そらっぴが旅行の前泊をする上でなぜ佐野SAを選んだか・・・

それは、東北道上にある他のSA・PAとは違い、この画像からもわかるとおり、いろいろな方向にすぐ進路を進めることができるからです。

北方面(東北道下り)・・・日光や那須高原

南方面(東北道上り)・・・都心

東方面(栃木都賀JCT→北関東道)・・・水戸やひたちなか

西方面(岩舟JCT→北関東道)・・・高崎や草津

そのほとんどが出発から1~2時間で到着できる範囲にあるのでアクセスも抜群なんです!

例えば、国営ひたち海浜公園に遊びに行くとして、神奈川から直接向かうと3時間以上かかってしまいます。駐車場が混み始めるのは10時頃。その前に到着しようとすると非常に早起きをしなければなりません。

まとめ:距離を稼いで旅行プランを広げよう

旅行の前泊、いかがでしたか?

土日のお休みに合わせて旅行に行くとしても、予算や時間の問題で行ける場所が限られてしまうものです。そんな時に、「金曜日の夜、少し早く帰ってきて早めに出発しちゃおう」ってことが「旅行の前泊」です。

行けなかった場所に前もって近づいておく。たったこれだけのことなんだけど、そのことに気がついたら旅行の幅が広がりました。

これからいくつもの出店を計画している「旅籠屋」。また高速道路のサービスエリア併設店舗が増えていくようですよ。ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク
レスポンシブ