神奈川県民必見!「かながわ県民割」でお得にGO TO おでかけ!!

新型コロナウイルスによる消費低迷で深刻な打撃を受けている観光業を盛り上げるべく、またその観光地でのサービス利用を喚起して経済を盛り上げようと始まった政府の施策。

Go To トラベル事業

実は神奈川県民であれば、さらにお得な事業がスタートするんです!!

それが「かながわ県民割」!!

ネーミングでGoToトラベルに負けてる感が否めませんが、調べてみたらすごくお得だったんです。

今回は、神奈川県民必見!かながわ県民割の概要や条件、具体的にどれぐらいお得になるのか、このブログの読者が大好きなアウトドアは該当するの?などなど、知りたい情報や疑問をわかりやすくまとめてみました。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに自粛要請や、施設の休業などがあります。お出かけを計画する際には、政府・自治体による報道発表、施設や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、感染予防・拡大防止のため「新しい生活様式」「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。
スポンサーリンク
レスポンシブ

「かながわ県民割」ってなに?

「かながわ県民割」は、9月10日に神奈川県の黒岩知事が発表した神奈川県独自の観光支援策「地元かながわ再発見」推進事業のキャンペーン名称です。

神奈川県民が地元・神奈川県の魅力を再発見する契機とするために、県民限定で県内旅行の割引を行うキャンペーンになっています。

かながわ県民割について、もっと詳しく!

ここからは「かながわ県民割」について、内容の詳細や注意事項など、さらに詳しく説明していきます。

実施期間は?

2020年10月8日(木)~2021年2月28日(日)の宿泊までの期間。

つまり、3月1日のチェックアウト分までが対象となります。

ただし予算に達した場合は、キャンペーン期間中であっても終了となります。

誰が利用できる?

神奈川県民のみです。

しかも、期間中は何回でも利用可能です。

割引額はどれぐらい?

出典:「地元かながわ再発見(かながわ県民割)」特設サイト :2点ともに

宿泊・日帰り旅行ともに割引対象となりますが、エリアによって割引額が異なります。

これは、黙っていても観光客が集まる定番エリアだけでなく、「他にもいいところがあるんだよ~」って定番以外の魅力に気づいてもらうため割引額をさらにお得にして『再発見』してもらうためです。

「Go To トラベル」の割引との併用も可能

出典:GoToトラベル事業公式サイト

なんと「かながわ県民割」は、一部商品を除き、現在政府が行っている「GoToトラベル」キャンペーンとの併用が可能なんです!

7月から始まったGoToトラベル事業ですが、

①国内旅行を対象に、宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
としてスタートしましたが、10月1日(木)出発分以降の旅行の場合、

②給付額のうち、7割は旅行代金の割引。
 3割は旅行先で使えるクーポン付与。
③上限は、宿泊は2万円/人。日帰り旅行は1万円/人。
④連泊・利用回数の上限なし。

となっています。

GoToトラベルの期限は2021年1月31日分までとなりますので、併用を考えてる場合は

2020/10/8 ~ 2021/01/31の旅行を計画する必要があります。

「かながわ県民割」業者向け取り扱いマニュアルを確認すると、割引額算出は「GoToトラベルキャンペーン」割引額を引く前の旅行代金を販売価格として計算するとのこと。

かながわ県民割は割引後の最低料金が1000円/人に設定してあります。

再発見エリアであれば最大7500円割引ですので、GoToトラベルと合わせれば3万円近い割引になります。これまで泊まれなかった憧れの旅館に1000円で泊まることもできちゃうかもしれませんね。

どんなところが利用できるの?

神奈川県内の宿泊、日帰り旅行が対象です。

また、「地元かながわ再発見(かながわ県民割)」における参加事業者登録を受けた事業者の提供するかながわ県民割適用商品が該当。

「地元かながわ再発見」(かながわ県民割)公式サイトに対象事業者一覧が紹介されるようですが、企画スタートの10/1までは公開されていません。

公開されましたら、いち早くお知らせします。

まとめ と 妄想プラン

2020年10月1日よりスタートする、神奈川県民限定の「かながわ県民割」。

魅力ある観光地がたくさんある神奈川だからこそ、キャンペーンが始まるのが非常に楽しみです。

しかし、今後のコロナウイルス感染状況の動向はまだまだ目を離せません。

キャンペーンが始まると今以上に人の動きも活発になります。

きちんと情報収集を行い、新しい生活様式の元で「感染しない!させない!」ようにみんなで注意していく気持ちを忘れないようにしていきましょう。

そらっぴが考えている、「これやりたい」

①京急乗ってマグロ食べて飲んだくれプラン

京急のお得切符「みさきまぐろきっぷ」でゆっくりと三浦半島を周遊。三崎港周辺のお店で定食食べて、ホテルに宿泊。お土産買って帰ってくるプラン。

神奈川に住んでいるからこそ、三浦半島に宿泊で行くことなんてほとんどないので、キャンペーン利用して行きたい!!

しかもお得切符もキャンペーン対象になれば、電車移動になるから昼から飲めちゃうw

②川崎の工場地帯夜景見ながら飲んだくれプラン

工場萌えなそらっぴは、夕方発の観光バスで京浜工業地帯の夜景を堪能したい!!

そのまま川崎駅に戻ってきてホテルに宿泊するときにはすでに飲んだくれ状態。

理想的ですw

③相模湖リゾート プレジャーフォレストでグランピング

キャンプ好きとしては「グランピング」にいまいち心揺さぶられないんだけど、こんな機会だからこそ経験として泊まってみたい。

設営からなにからやらなくていいってことは?

飲んでいいってことじゃんww