こどもとファミリーキャンプ いなかの風キャンプ場と周辺贅沢グルメ02

スポンサーリンク

こんにちは、そらです。

カテゴリ「キャンプ」を生かすべく、これまでに行ったことのあるキャンプ場についてまとめています。
これまでに行ったことのある場所を、現在2018年9月にまとめていますので、ない記憶を呼び起こしつつ、ない写真を掘り出しながら書いています。
薄い記事にならないよう善処しますのでよろしくお付き合いください。

第1弾は、7月の3連休、避暑を求めて向かった「いなかの風キャンプ場」です。
前回はキャンプ場の情報をまとめています。
よかったらこちらも読んでみてください。

これまでに行ったことのある場所を、現在2018年9月にまとめていますので、ない記憶を呼び起こしつつ、ない写真を掘り出しながら書いています。第1弾は、7月の3連休、避暑を求めて向かった「いなかの風キャンプ場」です。
スポンサーリンク
レスポンシブ

南信州のおすすめグルメ

雄大な南アルプスの絶景と広大な自然の景観に恵まれた地域、南信州。

いなかの風キャンプ場を含め、この南信州にあるキャンプ場の多くはチェックインが13時以降である場所がほとんど。
近場であるならばともかく、この自然と絶景を楽しみに遠距離から向かう場合、やっぱり早朝の出発にならざるを得ません。

そんな時、チェックイン前の腹ごしらえは必須です!
どうせなら地元で有名なグルメで、キャンプのスタート・旅の第一歩にしてみるのはいかがでしょうか?

駒ヶ根名物 ソースカツ丼を食す!

登山客が多く訪れる駒ヶ岳への玄関口である駒ヶ根。
JR飯田線の駒ヶ根駅、そして中央道の駒ヶ根ICはキャンパーだけでなく登山客が多く、たくさんのお店が点在しています。

この地域の名物グルメと言えば、「ソースカツ丼」です。

千切りキャベツの上に乗った大きくて分厚いカツが特徴です。
卵でとじたものもカツ丼ですが、この地域で出されるのはお店ごとの秘伝のソースをくぐらせたこの地域独自のものになっています。

今回は、数あるソースカツ丼を出すお店の中から、おすすめの3店を紹介します。

明治亭 駒ヶ根本店

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

廣瀬 康一さん(@ko1hiro7)がシェアした投稿

明治亭 駒ヶ根本店

住所:〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂898−6
TEL:0265-83-1115
営業時間 11:00~20:30(無休)

Web:http://www.meijitei.com/komaganeten.html

 

きらく

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PflugBogenさん(@pflugbogen)がシェアした投稿

きらく

住所:〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂3145
TEL:0265-83-3555
営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00(定休日:月曜)

WEB http://katudon.jp/
※駒ヶ根ソースカツ丼の元祖!!

 
スポンサーリンク

いな垣

そら一家が「いなかの風キャンプ場」に向かい駒ヶ根ICを降りてすぐ、お昼ご飯を食べたのはこのお店でした。

先に紹介した「明治亭 駒ヶ根本店」は駒ヶ根ICを降りてすぐだったのですが、気が付かずに通過してしまったのです・・・

この「いな垣」は茶ソバのお店であり、風味豊かな茶ソバとともに、サクッとした脂っこさの残らないカツのおかげで女性客にも大人気のお店です。

いな垣

住所:〒399-4113 長野県駒ヶ根市赤須町18−11
TEL:0265-83-8080
営業時間 11:00~20:00 (定休日:火曜)

WEB http://www.sousukatudon.jp/ 

遠回りでも行きたい「たまごとミルクとリンゴの樹」

キャンプからの帰り、道の駅が好きな私は県道15号線を進み「道の駅 花の里いいじま」へ向かいました。
その向かい側に、可愛らしい洋風の外観が目印のお店があります。

たまごとミルクとリンゴの樹

住所:〒399-3705 長野県上伊那郡飯島町七久保2248
TEL:0265-86-8525
営業時間 10:00~19:00 (定休日:元旦のみ) 

WEB:https://www.facebook.com/tamagotomirukutoringonoki/

 

このお店は、ケーキのカウンター販売だけでなく、イートインがあります。

南アルプスの山々を望むことができる上に、コーヒーがなんと無料!
しかも南アルプスの名水である「越百(こすも)の水」を使っているんだとか。

おもてなしの心が感じられるサービスですよね。

お土産に「アップルパイ」を購入したのですが、帰宅後に食べたら

超うまい!!

酸味のない甘さが口いっぱいに広がって、これまで食べたアップルパイとは全然違う。
ネット販売も探したのですが、どうやら店頭のみのようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たまごとミルクとりんごの樹さん(@tamagotomirukutoringonoki)がシェアした投稿

もう一個買って帰ればよかった、なんて残念に思いましたが、「またこのお店に来る!」って理由で「いなかの風キャンプ場」にまた来たいなと思ったそらなのでした。

まとめ

全部で2回に分けてご紹介した「いなかの風キャンプ場」はいかがでしたか?

7月に行ったため、猛暑でとても大変な思いをしながらも、やっぱり景色は最高!

どこのキャンプ場でも言えることなのかもしれませんが、ほとんどのキャンプ場のチェックイン時間は午後ですので、地元の有名なグルメに舌鼓を打ってからの~キャンプって流れもいいのかな、なんて発見もできたキャンプでした。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

コメント

  1. しーぼ より:

    いい風景ですねぇ。やっぱ信州は最高ですね!美味しそうなレストランも最高ですね!

    • sorarach より:

      コメントありがとうございます。
      南信州に来たら絶対に食べよう!って決めてたんです。
      ソースも市販されていたので、今度行ったら購入しようかと思っています。