新店舗オープン!横浜アンパンマンこどもミュージアム 混雑状況は?安くてお得な駐車場は?

誰もが知っている、私がまだ小さな頃からこどもの成長に必ずいたキャラクター、『アンパンマン』

そのアンパンマンの世界観がたっぷり詰まった施設、『横浜アンパンマンこどもミュージアム』が2019年7月7日に新しい施設に生まれ変わってグランドオープンしました!

夏休みやクリスマスなど、たくさんのお客さんが集まることで有名なこの『アンパンマンこどもミュージアム』ですが、新店舗オープン後は混雑具合はどうなったのでしょうか?

さっそくオープン日にお出かけしてみましたので、今後の予想や駐車場状況、おすすめのお出かけ時間についてまとめてみます!

横浜アンパンマンこどもミュージアムって?

だれもが知っているキャラクター「アンパンマン」をテーマにした参加型ミュージアムとショッピングモールの複合施設です。

横浜アンパンマンこどもミュージアム

アンパンマンの施設は全国で6か所ありますが、その中でも横浜アンパンマンこどもミュージアムは国内展開するミュージアムの第1号施設になっています。
横浜のほか、仙台・名古屋・神戸・福岡に「こどもミュージアム」があり、原作者である「やなせたかし」さんの故郷である高知県には「やなせたかし記念館」があります。

このように全国にアンパンマンの施設があるにも関わらず、横浜アンパンマンこどもミュージアムには全国から親子連れが集まるという特殊性があるもの特徴です。

実際に駐車場に停まった車を見ると、関東エリア以外の車が多いことに驚かされます。

そんな「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が、旧施設からますますアクセスしやすくなって2019年7月7日に新施設OPENしました。

グランドオープン日は混雑した?

ラッキー7のそろった7月7日に!って意味もあったのかわかりませんが、少し中途半端な日にオープンするんだなぁなんて思っていました。

まぁ客層は小学校入学前ぐらいをターゲットにしているのでしょうから、通常の土日をオープン日に設定するのはわからなくもないのですが・・・

そんな7月7日は数日前から天候が良くないと予報されていたので、どれだけ人が集まるのか未知数ではありました。
実際、7月7日当日も雨がシトシトと降る朝を迎えたのですが・・・

結果は大混雑!!

オープニングセレモニーも行っていたので、旧施設であった「早期オープン」もなく、施設前は大混乱!

有料エリアであるミュージアムに入るための待ち列が、セレモニーの始まった10時には建物奥にある搬入口を越えた先まで伸びていたようです。

駐車場は停められる?満車のときは?

旧施設にはショッピングモールの2Fが駐車場で、40台ぐらいしか停められませんでした。

しかし、新しい施設になって駐車場台数も大幅に増強されました。

施設地下と施設のすぐそばに、第1・第2駐車場が用意されています。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 第1駐車場

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9

(横浜アンパンマンこどもミュージアム B1F)

駐車台数:128台

身障者台数:3台

高さ制限:2.3m(一部2.1mあり?)

料金:最初の1時間600円、以降300円/30分

サービス:クレジットOK、ICカードOK、割引サービスなし

営業時間 09:00~19:00

横浜アンパンマンこどもミュージアム 第2駐車場

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-1

(富士ゼロックスR&Dスクエア 1F)

駐車台数:188台

身障者台数:2台

高さ制限:2.3m(一部1.5m:機械式)

料金:最初の1時間600円、以降300円/30分

サービス:クレジットOK、ICカードOK、割引サービスなし

営業時間 09:00~19:00

と言っても、7月7日のグランドオープンのときは10時頃には満車になっていたようです

そして、第2駐車場の高さ制限のせいで、近隣施設に迂回させられてしまう車両が多かったようです。

(たしかに、ファミリーで来る車のほとんどがハイルーフ車なので、機械式に入れないのかもしれません・・・)

満車時迂回先の駐車場は?

施設直結・すぐ隣にある第1駐車場と第2駐車場が満車になると、近隣にある駐車場に誘導されます。

警備さんから案内されますので、案内通りに進みましょう。

オーケーみなとみらいビル駐車場

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6-3-6

(オーケーみなとみらい店 立体駐車場)

駐車台数:555台

身障者台数:あり

高さ制限:2.2m

料金:250円/30分 平日のみ最大料金あり(1,200円)

サービス:割引サービスあり(ビル内 提携テナント)

営業時間 24時間

この駐車場に停めると、アンパンマンまで徒歩5分程度かかるのですが、何と言ってもこの「オーケーみなとみらいビル駐車場」には平日だけですが最大料金設定があります!!

そしてアンパンマン駐車場とは違い、提携店舗利用によるサービスがあります!!

利用方法次第では高額になりがちな駐車料金を格安に済ますことができそうです!!

駐車料金サービスについて

① オーケーでの買い物 ・・・最大2時間割引

② 飲食店での買い物  ・・・最大3時間割引

③ 専門店での買い物  ・・・最大30分割引

割引の組み合わせも可。

ただし、①+②+③のみなので、最大5時間半の割引になります。

警備さんの案内でこの「オーケーみなとみらいビル駐車場」に向かうのですが、注意しなければならないことが1つあります。

それは第1駐車場前で案内を受けた場合、「オーケーみなとみらいビル駐車場」に向かうために、ちょっと大きく迂回しなければならないのです。

アンパンマン公式HPにあるアクセスMAP

第1駐車場前で案内を受けオーケーの駐車場に向かう場合、「高島中央公園北交差点」を左折するのが一番近く感じますが、オーケーの駐車場入り口での右折入庫ができません・・・

そのため、ぐるっと高島中央公園を回るように右折し、みなとみらい大通り経由、アンパンマンの巨大オブジェのある交差点を左折して向かう必要があります。

今後の混雑予想は?

7月7日のグランドオープン時は初日ということもあり駐車場もほぼ終日満車が続いていたようです。

その翌日は平日で、待ち列ができることもなかったようです。

しかし、その後の3連休(7/13・14・15)では、また大混雑しました!!
今後の混雑具合はどのようになるのでしょうか?

そらっぴ目線で検証してみます。

夏休み・お盆

小学生の夏休みは、7月20日頃から8月末ぐらいまで続きます。

しかし、小学生はアンパンマンのターゲットから少し外れますので、「夏休みは混む!」という予測はあまり当てはまらないと思われます。

が、ターゲット圏内の子だけの家族なら親の休みに合わせて遊びに来るってことが考えられますので、やはり土日を中心に混雑が予想されます。

その中でも、お盆期間は地方から来る人もいますので、「超混雑」と言ってもいい状況になる可能性があります。

もちろん施設側も同様に考えているようで、公式HPには8月のオープン時間変更のお知らせが載っていますので参考にしてみてください。

ゴールデンウィーク・シルバーウィーク

旧施設でも大賑わいだったゴールデンウィークとシルバーウィーク。

新施設になっても、その人気が落ちることはないと断言します!!

夏休みのように暦上お休みではない期間は、親の仕事は通常運転のはずですので、有休取得するなどして、いわば「分散」して遊びに来ます。

しかし、ゴールデンウィークやシルバーウィークは暦上「お休み」ですので、サービス業などの土日関係ない親は別として、たいていがお休みが「かぶる」んです。

だから、混む!

クリスマス・お正月

クリスマスもお正月も、いろいろな場所でイベントが行われます。

アンパンマンミュージアムも一緒で、特別イベントが旧施設では行われていました。

ということは、新施設ではスケールアップしてイベントを行う可能性があります。

そうなると、やっぱり混んじゃいますよね。

ということは、基本的には土日は「混む」ってことは避けられなそうです。

とはいってもほとんどの家族は、仕事の都合もあって土日に行く人が多いのも事実。

では、時間帯別に比較的空いているのはどの時間帯なのかを検証してみましょう。

お出かけするならこの時間帯!!

グランドオープンの日、そして3連休と、朝のオープン時間帯は非常に混雑していました。

そのため、10:00の施設OPEN時間も前倒しされて、3連休中日の日曜日は9時に有料のミュージアムがOPEN、待ち列の引き込みが始まっていました。

駐車場の満車状態も昼過ぎまで続いていたので、「どうしても朝行きたい!」って場合は相当の早起きが必要になりますね。

でも、こどもがちゃんと早く起きてくれるとも限らない・・・

そこで、そらっぴ的おすすめ時間帯を教えちゃいます!!
それは、「午後1時頃を目標におでかけ」です。

なぜこの時間帯?

駐車場だけを見て考えると、8時頃にOPENする第1駐車場は、通常OPENの10時頃には満車になってしまいます。

そうすると、第2駐車場かオーケーみなとみらいビル駐車場に停めることになります。が、第2駐車場は先に書いた通り、高さ制限がシビアなのでファミリーカー(ワンボックス)の駐車ができない場合があります。

となると、オーケーみなとみらいビル駐車場に停める。ここは最初から着地点として考えておいたほうがよさそうです。

次に、ミュージアムやショッピングモールで行われるショーやイベントについてです。
施設の開店から閉店までの間に、なんどもショーやイベントを行う時間帯があります。

ですので、なにも混んでいる朝の時間帯に無理して見なくても、きちんとショーの時間帯を把握していれば比較的空いている時間帯に見ることができるんです!!

次に、食事についてです。

施設内にはレストランだけでなく、パン工場や飲食店もあり、フードコートも用意されています。

旧施設と比べると食事をするスペース自体は非常に広くなったのですが・・・

それでも、お昼の時間帯になると席取りのファミリーがあちこちに発生。お店のほうもお客さんをさばききれずに待ち時間何十分って看板を出すところも・・・

で、こんな時におススメなのが「オーケーみなとみらいビル」のテナントなんです。

土日なのでやっぱり混みますが、アンパンマンミュージアム内の殺伐とした雰囲気に比べたら全然気持ちに余裕がもてます。

そして重要なのは、「オーケー」で食べることで、駐車場料金の割引が効くんです!!

アンパンマンの駐車場には割引サービスがありませんので、朝8:00から夕方16:00まで停めたら駐車場料金だけで4,800円もかかってしまいます。

そのうち一部でも割引が効くのであれば、最初から「オーケー」に停めるのが賢明だと思いませんか??

以上のことから、おすすめのお出かけブランはこちらのようになります。

13:00頃

オーケーみなとみらいビル駐車場に駐車。そのまま、ビル内のテナントでランチ。
14:00頃

混雑しているが待ち列も解消している有料施設「ミュージアム」に入り、ショーやオブジェで楽しみます。
16:00頃

朝から来ている他のファミリーが帰り始める中、ショッピングモールで悠々とお買い物。
17:00頃

ショッピングモールでのショーやグリーティングでキャラクターと会います。
18:00頃

アンパンマンミュージアム閉店。オーケービルにある「西松屋」で子供のものをお買い物。

食事と買い物の割引サービスを駆使して、駐車場代を安くする。

まとめ

2019年7月7日に新しい場所に移転してグランドオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。

施設も駐車場の広くなり、ますますこどもたちが楽しく過ごせる場所になりました。

でも、そのおかげかこれまで以上に混雑ぐあいがひどくなっています。

ちょっとした工夫で混雑を回避。

駐車場料金も安く済ませるための裏技的なプランをまとめてみました。

これから夏休みも始まりますので、ますます混雑がひどくなるのは容易に想像できます。

ぜひ、おすすめプランで楽しい時間を過ごしてみてくださいね。


スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ