暑い都会から脱出!ー穴場避暑スポット4選(関東)

スポンサーリンク

こんにちは、そらです。

この猛暑日がどこまで続くのか・・・
雨嫌いなそらですら、そろそろ雨降っていいんじゃないかと心配しております。

そんな暑い夏にお出掛けするならば、やっぱり少しでも涼しい、ひんやりしたところがいいですよね?
いやいや、「避暑 日帰り」とか検索しても、有名観光地で人がわんさかいたり、挙句には「避暑」要素がまったく想像できない場所ばかりが検索されてしまったり・・・
そんな不安を解消すべく、「穴場スポットの探し方」をまとめています。
よかったら確認してみてください。

こんにちは、そらです。連日の猛暑、みなさんどうお過ごしですか?トイレにこもるだけで大汗をかいてしまうようなこの季節、休みの日ぐらいゆっくりと家で涼んでいたい・・・クーラーの効いた部屋でビールを片手にゴロゴロとしていたいけれども、こどもやママ
スポンサーリンク
レスポンシブ

関東地方周辺のおすすめ「穴場避暑スポット」エリア

スポンサーリンク

箱根・小田原エリア

神奈川の代表的な避暑観光地と言えば箱根ではないでしょうか?
ただし、昨今の外国人観光客の増加に伴い、また都心からのアクセスも非常によいため、
平日であっても込み合うような観光地です。
避暑地としては代表的な場所かもしれません。

うだるような暑い夏だからこそ、少しでも涼しいところへ行きたい! でも、見どころも満載、おいしいものも食べたい!そんな人におすすめのプラン。 今回は箱根・小田原編。

静岡・山梨エリア

都心から高速道路で1時間程度。中央道・東名高速に続き、新東名高速も現在延伸をしており、
ますますアクセスがしやすくなってくるエリアです。
しかし、静岡県は横に長いので旅行スケジュールを立てるときは注意が必要です。
熱海と浜松は端と端、車で1時間以上かかります。

うだるような暑い夏だからこそ、少しでも涼しいところへ行きたい! でも、見どころも満載、おいしいものも食べたい!そんな人におすすめのプラン。 今回は静岡・山梨編。

奥多摩エリア

こちらも都心から1時間程度ですが、東京都内。
こんなところにこんな場所が!!という秘密の避暑地。
ただし、いろいろな意味で覚悟は必要かも・・・
ヒールでの参戦は危険かもしれません。

うだるような暑い夏だからこそ、少しでも涼しいところへ行きたい! でも、見どころも満載、おいしいものも食べたい!そんな人におすすめのプラン。 今回は奥多摩編。

番外編

その名の通り、番外編です。
番外編とは・・・

 避暑地 として挙げてもよいのか、いやむしろ避暑地じゃないからこそ検索でも出てこない。
 しかし、ここは涼しかったよ!!

という場所です。

うだるような暑い夏だからこそ、少しでも涼しいところへ行きたい! でも、見どころも満載、おいしいものも食べたい!そんな人におすすめのプラン。 今回は番外編。 避暑地としてまず検索で出ることはないであろう、意外なスポットを紹介します!!
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ