車中泊 浜松SA 往復580㎞!リニア・鉄道館#04

スポンサーリンク

どこにお出かけ連れてってくれるの?って家族の期待。
どこ行きたい?って無茶ぶりして「名古屋」と答えちゃう無知な息子かなさん。
そしてなんとかなんじゃね?精神でなんとか新東名高速 浜松SAまで来たそら一家。

さて、今日はちゃんと「リニア・鉄道館」を楽しむことができるのか!?

このページになぜだかたどり着いちゃったあなたは、前の記事から読んでみてね。
車中泊・プロローグ 往復580㎞!リニア・鉄道館#01
車中泊 どう寝る? 往復580㎞!リニア・鉄道館#02
車中泊 シートアレンジ 往復580㎞!リニア・鉄道館#03

浜松SAはいいね!


これ、朝6時に撮った写真なんだけど、車中泊と思われる仲間たちがたくさんいます。

起きてまずはひとりでトイレに行ったんだが、かなさんと同じぐらいの子どもが「おはようございます」って挨拶してくれた。
思わず俺も「おはよ~ よく寝れたか?」なんて声かけてみたけど、何も答えずに行っちゃった。

かなさんは、どうにもこうにも「シャイボーイ」なもんで、絶対にひとりではこんな声かけできないんだろうな・・・

停まってる車のナンバーを見ても首都圏が多い。
そんな集まりの中で出会ったこの子の存在に、少しうれしくなりました。

で、車に戻ったら、みんなが起きていた。
なんだかみんな快眠とまではいってないようだけど、何を根拠にかわからないけれど、まあなんとかなりそうな雰囲気。

3列目にいたかなさんを散歩に誘って、SA散策しました。
お店の営業時間も知りたいしね。

ここが浜松SA(下り)です。
真ん中に呆然と立っているのが我が息子、かなさんw

乗用車用とトラック・バス用の駐車スペースがこの建物を挟んで立地しているので、アイドリングの音もそれほどうるさくない。
そこが、車中泊をする人たちに人気なのかも。

写真でもわかる通り、ごみごみしてないしね。

そして、建物内にあるフードコート。
24時間やっているのはコンビニだけじゃなくラーメン屋もある。
あとほとんどが9時ぐらいから営業なのかな。

そら一家は、朝食はパン派なので7時からOPENの、入口近くにあるパン屋「ハースブラウン」へ。
ここにはメロンパンやらミカンパンやらいろんなパンがあるんだけど、なんとこのSAで焼いてる!
すごく柔らかくて、みんな試食に夢中!!

もちろんちゃんと購入して、フードコートで食べました。
食後の「のんびり」で、こんなことができちゃうのもこのSAならではなのかな?

あ、このベンチに座ってたら1羽のスズメが飛んできて、なんと座ってるベンチの背もたれにとまった!!
しかも俺から30cmも離れてないところに。

浜松のスズメは人に恐怖を感じないのですかい?
それとも餌付けされてるだけですかい?

教えて、浜松の人~

そろそろ名古屋へ出発です

スポンサーリンク

この浜松SA、YAMAHAが作った施設「MUSIC SPOT」があります。(上りだけどね)

「音楽のまち、浜松」ならではの展示・企画があってぜひ帰りに寄ってみたい。
(過去に実は1度来たことがあるんだけど、その話はまた今度)

8時を過ぎ、残り100㎞ぐらい。
まぁざっくり見積もって1時間半ぐらいかなってことで初日朝のドライブがスタートです!!

名古屋が近くなるにつれ、だんだん走る車両の台数も増えてきた・・・
豊田東JCTを通過し、伊勢湾岸自動車道。
さすが愛知県はトヨタの本拠地。自動車社会の見本!ってぐらい、どこまで走っても3車線!!
首都高より走りやすい!!

しばらくスイスイと走り、大きな橋を渡ります。
ここは名港西・中央・東大橋の3つの橋からなっていて、この3つの橋を総称して名港トリトンっていいます。

この橋を走ってるとすごく高いとこ走ってるのがよくわかります。
これは、港から自動車運搬船のような大型の船が潮の満ち引き関係なくスムーズに通れるように高く作ったんだろうね。

名港東大橋・中央大橋を渡るとすぐに「名港中央IC」に到着。
ここで降ります。

そして、料金所へのカーブでそいつは姿を現しました。

『レゴランド』

続きます~

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ