豆知識 ドライブ前にガソリンスタンド ― 空気入れるのに免許!?

スポンサーリンク

どうも、そらです。

もうすぐゴールデンウィーク。
簡単に「渋滞情報」を調べることができるようになったので、お出かけ前に「どのルートで行けば渋滞回避できるかなぁ」なんてことも簡単に入手することができるってのは便利ですよね。

準備万端!よし行こう!!ってなる前に、楽しく旅行するためにも、ちゃんとガソリンスタンドでタイヤの点検しましょう!

タイヤ空気充填作業者講習って資格、知ってます?

これ、言葉のまま読み解くと、

「タイヤ」に「空気」を「充填」する「作業者」のための「講習」

おいおいおいおいぉ
ガソリンスタンドに置いてあるあの「丸いの」でよくわからないながら「高速道路を走るなら空気圧あげなきゃ」とか言いながらシューシューやってるの、俺だけじゃないですよね!?

これ、怒られちゃう系!?

タイヤ空気充填作業者講習ってなにもの?

「あ、私もやってた・・・」なんてドキドキしているあなた!
安心してください。

この講習は、「タイヤをホイールに組み込んで『最初に』空気を入れる」作業のために必要な資格なんです。
そう、ガソリンスタンドのシューシューは問題なし!
(もちろん、よくわからなかったら店員さんにちゃんと聞いてくださいね)

この講習ができた背景に、毎年のように「タイヤに空気を入れる」作業で死者が出ているんだそうです。
車種によって指定された空気圧が定められていますが(ドアだったりの目立たないところにシールで貼ってあったりします)、
知識もなく充填の結果、破裂!なんてこともあるみたいです。

そこで、安全に正しい知識をもって充てん作業に当たれるようにできたのがこの資格、というわけ。
___________
旅行前には、ぜひガソリンスタンドでタイヤのことも気にしてみてくださいね。


スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
スポンサーリンク
レスポンシブ