鳥野目河川公園オートキャンプ場 初心者に知ってもらいたい4つの魅力

スポンサーリンク

栃木県の那須塩原市にある「鳥野目河川公園オートキャンプ場」は、
とっとめには、心に響く自然と、五感で味わう季節がある。」をテーマに四季折々の自然を楽しめる公園型のキャンプ場です

地元の人は、「とっとめ」の愛称で呼んでいる鳥野目河川公園。

今回は、2017年8月に訪れたキャンプ滞在記と、そこで感じた4つの魅力を紹介します!

スポンサーリンク
レスポンシブ

鳥野目河川公園オートキャンプ場とは

鳥野目河川公園オートキャンプ場

住所:〒325-0036 栃木県那須塩原市鳥野目391−1
電話:0287-64-4334
WEB:http://www.torinome.jp/

地元の人に愛される公園のキャンプ場ということで、思った以上に街中にあるんです。
東北道の那須ICを降りてすぐというロケーションから、山の中や湖のほとりといった「大自然を満喫!」といった場所ではありません。

それでも多くのキャンパーに愛され続けている理由はどこにあるのでしょうか?

鳥野目河川公園オートキャンプ場の基本情報

写真で見てもわかる通り、横に面積の広いキャンプ場です。
池のほとりにはフリーサイト、そこから流れるせせらぎの周辺にオートサイトがあります。

管理事務所のそばにはコテージが並び、このあたりは松林の中にあるので真夏でも木陰になって気持ちがいいですよ。

このキャンプ場の予約は、電話またはネットでの予約となります。
電話の場合はすべてのサイトの予約ができますが、ネットの場合は「オートキャンプサイト」とフリーサイトのみになるので注意が必要です
オートサイトも電源ありを選びたい場合は電話予約になります。

いずれも利用月の3か月前から予約ができますので、人気の高いシーズンを狙う場合は、3か月前の1日になったらネットにかじりつき必須ですねw

雨の中の設営もいいもんだね

那須ICを降りた時点で天気は少し崩れ気味。

まぁなんとかなるだろうということで、まずは管理棟に到着しました。

この管理事務所に着いた時には雨も土砂降り。
ついてないなぁと思いながら、管理事務所の隣で開かれていた「鳥野目産直会」で地元の野菜とミニスイカを購入。
この産直会は土日にのみ開催されるようです

それでも雨はやむ気配なかったので、サイトに移動です。

今回そら一家が設営したのは、オートサイトエリアのC-3です。
片側にせせらぎ、反対は敷地外で田んぼが広がる、公園型キャンプ場にしてはプライベート感がしっかりと取れる場所でした。

初めての「レインコート」を着ての設営でしたが、これも初めての経験で楽しい思い出です。

設営後には、ようやく雨も止んだのでようやくゆっくりすることができました。

スポンサーリンク

とっとめの魅力1:近隣サイトとの距離があり、快適!!

オートキャンプサイトは電源なしが34サイト。
電源ありは12サイトあります。(うち、キャンカーが3サイト)

また、大池のほとりには、フリーサイトが50サイト分あり、全体で96サイトです。

この広大な敷地の中で、フリーサイトは早い者勝ちですがとても眺めがいいので、フリーサイトに抵抗がない場合はおすすめです。

そら一家の場合は、足の不自由な娘がいますので、基本はオートサイトです。

このとっとめでもオートサイトを予約したのですが、きちんと木陰を作る木々と、こどもたちが遊べるせせらぎ水路がある「Cエリア」がおすすめです

ビールだって冷やせちゃうww

その中でも、C-3は奥まったところにあるのでプライベート感ばっちり
C-4やF-3も過ごしやすいかもしれませんね。

とっとめの魅力2:施設が充実!みんなのトイレも完備!!

出典:鳥野目河川公園オートキャンプ場

広大な敷地の中で、トイレは6か所に点在しています。

また、一部には身障者用トイレも完備しており、ひとりでトイレのできない子がいても安心!

この写真の建物には、シャワー室とコインランドリーも完備していますので、設営でかいた汗を軽く流すことや、こどもの汚れた服の洗濯もできちゃいます!!
しかもシャワーは5分100円の良心的価格
よくあるところだと2分100円とかなので、この低コストはうれしいですよね。
(100円玉を大量に用意するのも大変じゃないですか?)

出典:鳥野目河川公園オートキャンプ場

大池のそば、シャワー室の隣にあるこの建物は、「とりのめ文庫」という施設です。

ここでは、マンガや雑誌がそろっているだけでなく、ちょっとした休憩スペースにもなっており、不運にも雨が続いてしまったときなどはここでゆっくりと雨宿りもできてしまう嬉しい施設です。

朝9:00~夕方16:00まで開放しているので、ちょっと休みたいなってときに寄ってみると面白いかもしれませんね。

とっとめの魅力3:せせらぎ水路で水遊びを堪能!!

ちょっとピンボケ・・・
サイトのそばを流れるせせらぎは、簡単にサイトから降りることもでき流れもそれほど急ではないのでこどもを遊ばせることもできます。

この上流には大きな「せせらぎ水路」があり、多くのこどもたちが楽しめます。
水深はそれほど深くないので、ボートとかでは遊べません。

湿地帯と呼ばれるエリアもあり、ここには四季を通して自然を楽しむことができ、5月にはアヤメが開花を迎えるそうです。

スポンサーリンク

とっとめの魅力4:キャンプ場近隣はなんでもそろう!!

JR黒磯駅からもほど近く、東北道 那須ICからも目と鼻の先。
地域住民が利用する商業施設が近隣にたくさんあるので、買い物には困りません!

また、温泉もすぐ近くにいくつかあり、キャンプ場から車で15分ぐらいのところにある「那珂川温泉 皆幸乃湯」は、露天風呂付の日帰り温泉施設です。

出典:皆幸乃湯

09:00~22:00まで営業しており、大人700円こども300円ですが、夕方17時以降は500円に割引されるのでお得

施設内には食事処もあるので、夕飯を作るのが面倒になったらここで食べちゃうのもひとつの方法!!
あとはサイトに戻ってまったり焚き火タイムww

公式HPに割引クーポンもあるので、ぜひ連泊の途中や、キャンプ帰りの疲れを癒しに訪れてみてください。

まとめ

山奥でも森の中でもなく、都市圏内にあるキャンプ場として位置しているので、近隣住民の方々も日帰りBBQなのでよく訪れます。

管理されながらも適度に残された自然の中で、安心して楽しむことができる「鳥野目河川公園オートキャンプ場」はいかがでしたか?

アクセス抜群、買い物にも困らず、施設も充実!

全くの初心者にも声を大にしておすすめできる、ファミリーやグループ向けのキャンプ場です。

ぜひ、次のキャンプ場候補に検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ