初めてのテントの選び方 ドーム型?トンネル型?キャンプで必要なおすすめとは?

スポンサーリンク

こんにちは、サプライズをママさんに仕込んでも、黙ってられないそらです。

キャンプをするうえで、どうしても必要な道具が「テント」です。

初めて「キャンプをしよう!」と思い立ったのに、「どんなものを選べばいいんだ?」って最初に戸惑うところでもあります。

今回は、初めてのテントを選ぶうえで必要なテントの構造や種類の知識と、おすすめテントについて、黙ってられない性格なもんで、まとめちゃいます。

初めてテントを購入するときに迷わずに選べて失敗しない、覚えておくべき知識をまとめていますので、ぜひお付き合いください。

スポンサーリンク
レスポンシブ

覚えておこう、テントの種類(構造別)

スポンサーリンク

キャンプをするうえで、もはや必須のアイテムである「テント」。

Instagramなどで「テント」とか「キャンプ」って検索すると、とてもオシャンティな写真がたくさん出てきて、『わぁいいなぁ』とか『これいいなぁ』とか憧れちゃうことありますよね?

でも、実際に道具をそろえる上で、本当に周りのイメージだけで買いそろえていって大丈夫なのか?っていう漠然とした不安を抱えることも大いにあると思います。

だって、意外に高いんです、テントって

そのためにも、基本の基本、まずはテントの構造を知っておきましょう。

1.ドーム型

現在主流になっているタイプ。

構造がシンプルなので設置も容易。
だから「初心者・入門モデル」とか言ってるところもあるけれど、ハイエンドモデルまで多数のモデルが販売されています。

サイズもファミリー向けからシングル用まで幅広くラインナップされており、一番種類の多いモデルとも言えます。

出典:coleman

構造は単純。
ポールを2本以上使ってインナーテントを立てて、フライシートをかぶせたら、ガイロープを張ってペグを打ち込めばできあがり。
ものによっては一人でも設置ができる優れものです。

2.2ルーム型

最近、キャンプ場に行くとよく見かけるタイプ。

2ルームという名前の通り、寝室(インナーテント)とリビング空間(スクリーンタープ)が一緒になったものと考えてよいでしょう。

秋・冬のキャンプには防寒のために重宝するタイプですね。

出典:DoD

リビング空間が幕でおおわれているので、雨天時に濡れずに楽しめるのはもちろん、虫の大量侵入もふせいでくれます。

また、日陰を作るために必要な「タープ」を別途用意する必要がないのも利点。
ただし、幕におおわれているということは、夏はとことん暑い!!

3.ワンポール型

おシャンティなキャンパーさんがこぞってよく使ってたり、ニュースでも取り上げられちゃう「グランピング」で使われていたり、雑誌とかでも「今年はこれが来る!」なんて言っちゃってる、いわゆる「モンゴルのゲル」。

もしくは、インディアンのティピー。

どっちかっていうと、インディアン寄りかな。

ペグ打って、真ん中にポールを立てれば出来上がり!

っていう簡単さをアピールしているけど、ちょっと不安・・・

うちの子、寝相がすこぶる悪いんよ!!

寝てる間にポール倒す勢いでぶつかったらどうなっちゃうわけ!!?

というわけで、そら一家ではまだ使ったことがございませぬ・・・

他にも、山岳で使うようなものから、袋から取り出したらパッとできちゃう「ポップアップテント」まで様々なテントの種類がありますが、ここでは割愛。

キャンプ初心者がハマる「どれにしよう」の候補は、たいていはこの3つの種類かと。
そら一家も実はこの3種類で一時期迷いましたw

初心者におすすめのテントはこれ!!

スポンサーリンク

ドーム型・2ルーム型・ワンポール型をまとめてみましたが、もう一度おさらい。

  おシャンティ度 設置の簡単さ ラインナップ その他
ドーム型 ★★★ ひとりでも設置できるモデルあり。 とにかく種類豊富 タープが欲しくなる
2ルーム型 ★★★★ とにかくデカい。ひとりで設置は困難。 最近増えてきた 夏場は暑い!!
ワンポール型 ★★★★★ 動画を見る限りでは簡単そうだけど、最初のペグ打ちが重要。 いろいろとあるけれど、デザインはほぼ一緒 真ん中のポールが邪魔!

もうね、物欲の神様(悪魔?)に祟られちゃってるかのように、キャンプを始めるとあれもこれもと欲しくなってきちゃいます。

そうやってハマると楽しいからこそ、最初が肝心なんですよね。

だから、宣言しちゃいます。

初心者は「ドーム型」一択!!

きっとこの記事を読んでくれているあなたは、土日の休みにこどもを外に連れて行ってあげようなんて思っている優しいパパなんです。

土日休みで1泊でのキャンプとなれば、よっぽど慣れてこないと、13時のチェックインからテント設置→タープ設置→リビング作って→夕飯準備→夕飯食べる頃には暗くなっています。

あっという間に時間が過ぎてしまうのだから、設置が簡単なタイプのほうが圧倒的に有利なんです!!

ちなみに、そら一家も「ドーム型」です。

コールマンで揃えてみましたよw
時代に乗るのが嫌いなもんでww

写真に写ったこのテントは、コールマンの「コールマン テント タフドーム/3025」です。
価格はリンク先で確かめてくれればわかりますが、これなら気軽に始められそう!って思ってもらえるかと思います。

私は、この「コールマン テント タフドーム/3025」と「SnowPeak アメニティドーム」でテント選びは迷いました。

まとめ

ということで、今回は初心者向けのテントの選び方をまとめてみましたがいかがでしたか?

秋はキャンプを始めるのにはちょうどいい季節です。
3連休も発生する季節ですので、旅行の計画は立てやすいかと思います。

この記事を読んで、あなたが「キャンプいいかもね」なんて思ってくれたら、「またキャンプ行こうか」なんてなってくれたらとっても嬉しいです。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ